ディヴェッラ スパゲッティ・リストランテDivella Spaghetti Ristorante

   

生産者 ディヴェッラ社 生産地 イタリア/プーリア州 生産地 小麦粉(デュラムセモリナ100%) 内容量 5,000g「ディヴェッラ」 ディヴェッラ社は、1890年に南イタリア、プーリア州、バーリ県近郊の町、ルティリアーノに創業しました。

製粉工場としての創業が、高品質でありながら、常に安定した製品を世の中に送り続けることのできる基礎となっています。

現在は製粉だけでなく、乾燥/セミドライパスタ、その他缶詰商品など小麦製品を核に、イタリアで日常的に必要な食材を手がけています。

1つの製麺工場と2つの製粉場で働くスタッフは250名、製粉場の一つは硬質小麦の、もうひとつは軟質小麦を専門に製粉しています。

製品に使用しているデュラム小麦は、南部イタリア産の良質のものを中心に、アメリカ・オーストラリア、カナダ、フランス他ヨーロッパの高品質デュラム小麦を使用しています。

グルテン質をより多く含む外国産品を使用することにより理想的なアルデンテをもたらし、常に一定品質の小麦を蓄えることができるのです。

高品質の小麦を確保するために専門家を擁しており、現地に出向き、小麦の段階での品質を見極め、必要な小麦そのものを厳選して直接手に入れており、ブレンド比は都度変化します。

製粉段階で、グルテンを含んだ良質な部分だけを残した小麦粉にするため、1Kgの小麦から690gの粉しか取りません。

このように、厳選した原料だけを使ってパスタを生産しています。

数多く存在するイタリアで8%のシェアを持ち、諸島部を含む南イタリアではトップのシェアを誇ります。

年間生産量は150.000トンに上り、そのうちの30.000トンが世界5大陸に輸出されます。

また、1.350トンの小麦が一日に製粉されます。

ディヴェッラ社が世に送り出すパスタの形状は150種類に上り、ブロンズの押し出し、卵入り、野菜入り、全粒粉など様々です。

近年開発されたセミドライパスタの人気はイタリアでは上々ですが、賞味期限、品質保持の観点から、欧州外への輸出はされていません。

大手のパスタメーカで、小麦→小麦粉→パスタと、同一敷地内で一貫生産することができるのはディヴェッラ社だけです。

小麦を貯蔵する大型のサイロ(9万t)を2基保有し、常時必要量の小麦を収納しており、隣接する製粉工場で小麦粉に製粉し、パスタの製麺までを一貫生産しています。

少しずつ敷地を拡大しながらも、同じ土地にこだわり続けたのは、そのためです。

ディヴェッラ社では、ISO9001規格、UNI EN ISO14001:2004規格に準拠し、全製品の生産、企画がされています。

■ ディヴェッラ スパゲッティ・リストランテ【1.72mm】・参考ゆで時間:7分製品には保存料・着色料などは一切含まれていません。

原材料に卵を含まない製品も、卵を使用する施設にて生産されています。

ディヴェッラ社の製品は、『遺伝子組み換えでない」イタリア、アメリカ、カナダ、オーストラリア産等の小麦を使用しています。

  • 商品価格:1,620円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)

スパゲッティー 関連ツイート